忍者ブログ
藻のような航海でした
[379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369

現在使用しているキーボードは、2008年くらいに購入したBUFFALO製の無線キーボード
5000円したかしないかの値段だったと思うけど、安物チックに感じなく、タッチ音もキーボード特有の「カチャカチャ」という音もせずに静かめで、非常に気に入ってます。
使用から7年ほど経過してますが、電池切れに気を付けていれば問題なく使用可能。

とはいえ、たまに表面を軽く掃除する程度なので、7年も経てば汚れも付きます。
しかも、航海中やDQ中にジュース等をぶちかましたりしていたので、一部のキーがひっついて堅くなったりと、本格的に掃除しないと支障が出るようになってました。

今回は中身も掃除してみようという事で、初の分解。
厳重にネジで固定され、開ける時もどっか壊れませんようにと祈るくらいの硬さでしたが、
「大丈夫、怖くないよ・・・、初めてだから緊張しているんだね?」
と、優しく接して、安心させてようやくご開帳。

開けてびっくり、キーの部分とキーの接触部?の機器類が見事に分割されてました。
(リンク先の画像で言えば、銀色の部分が外れ、キーも全て付いてくる)
当たり前じゃないの?と思われるでしょうが、なんと、キーが外れてどっかに行くことを防止する為に、キーの裏がカバーで覆われており、キーと機器の接触部分の箇所のみがむき出しになっているという、なんとも良心的な構造となっていたのです。
(他のキーボードを分解したことはないけど、キーボードの掃除してたら一部のキーが外れてどっかいったという話をネットで見掛けてたので・・・)

これはもしや、キーの部分だけ水洗いできるんじゃないか?と思い、キーの部分に電子機器がないか要チェック。
なんとまあ、見事に電子機器も分離されていました。

これはすげぇ!
という事で、水洗いは当然の事、キーの窪み部分を綺麗にするため、タワシでゴシゴシと。
長年の摩擦ですり減った部分は仕方ないにせよ、結果として、購入時並にピッカピカになりました(カッピカピじゃないの)。
さすがに水分付いたまま電子機器部分と合体(R-18)させるのはまずいので、念入りに水分を落としてから元通りに。
(思い切り振ってもキーは外れない安心設計)

大丈夫だよな?と思いながらPCに接続してみたら、問題なく接続できました。


これ書いてる時点で、どうもキーの判定がおかしいなと思う事が多々あってしんどいですが、
電池切れる前の状態と同じなので、単に電池切れのはず、はず・・・。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
むさっし
性別:
男性
職業:
ずっと藻
趣味:
めんこいちゃん探し
自己紹介:
活動場所は変われど、いつまでも「ずっと藻」だよ[宇宙人]
最新コメント
[06/29 ムサッシ]
[06/29 コヴァン]
[11/07 ムサッシ]
[11/05 コヴァン]
[11/13 ムサッシ]
ちくわカウンター
カウンター
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、
『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、
もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです(多分、きっと、そう・・・)。
忍者ブログ [PR]